予防歯科の取り組み

予防歯科の取り組み

予防歯科の取り組み

予防歯科とは、ムシ歯など悪くなってから治療するのではなく、悪くならない状態を維持してお口の病気を未然に防ぐことです。

フィンランドでは80歳で残っている歯は約25本、対して日本では約6本とかなり低くなっています。 この差は毎日よく歯みがきをするからでしょうか? 実は日本人の歯みがきは平均2.4回で意外と多いのです。フィンランドでは・・・なんと1日0.9回と少ないようです。

では多くの歯を残せる『秘訣』は一体何なのでしょうか? それは歯についての強い関心と除菌であると当院は考えます。

むし歯や歯周病を未然に防ぐ『予防』こそ最も大切なのです。

品川区五反田まるおか歯科では以下の3つを診療コンセプトにして予防歯科に取り組んでおります。

1.入念な診査診断

  お口の状態により必要に応じてデンタル・パノラマ・CT画像を精細に撮影します。このデータを元に時間を掛けて診断をして様々な角度から最も確実で安全な治療計画を行います。

2.分かりやすい治療説明

  画像だけでなくイラストや模型を用いて現状を分かりやすく説明します。仕上がりの見た目や予算などのご希望に合わせて最適な方法をお伝えし納得して頂いた上で治療を行います。

3.安心のアフターケア

  治療後も定期的にチェックをして治療箇所に限らずお口の状態を健康に保ちます。痛くなる、悪くなる前にしっかり治す『予防歯科』を推進していつまでも健康な歯を保ちます。

一覧へ戻る

カテゴリ
診療コンセプト 五反田めぐり